喋らずにたった20日で友達を100人増やし、仕事も人間関係も充実させるコミュニケーション攻略法

「話す以外にコミュニケーションが上手くなる方法はない。」そんな幻想をぶち破ります。話す以外に上達方法はあるし、どんな人だって可能。仕事もプライベートも快適に過ごしたい!そう思う人こそココで真のコミュニケーションを極めて下さい。

FOLLOW ME

※閲覧注意 8割の学生が陥るグループディスカッションの落とし穴

     無料の就活ノウハウレポートの受け取りはコチラから

   ↓          ↓           ↓

        http://ameblo.jp/ryu13670410/entry-12231100928.html

 

んにちは!

 

就活アドバイザー@龍一です!

 

 

今回は就活を始めたとき、

誰もがおそらく経験するであろう、

グループディスカッションについてお話します。

 

 

今回のテーマは・・・

 

 

8割の学生がハマるであろう

ディスカッションの落とし穴

 

について話します。

 

 

 

 

あなたはこれを知ることで・・・

 

・グループの中でも活躍できる存在になります。

・採用担当官はあなたの事だけを評価します。

・グループディスカッションが楽しみでしょうがなくなります。

 

良いことづくめですよね。

 

 

しかし、これを知らないと・・・

 

・あなたはグループの中で、

 忘れられた存在になってしまいます。

・採用担当官には「いつも通りの学生か・・・」と

 もはや評価されなくなります。

・グループディスカッションがトラウマになり

 就活自体が嫌いになります。

 

 

確実に内定が貰えなくなるでしょう。

 

 

 

これを聞いて、

あなたはどちらを選びますか?

 

 

もちろん、前者ですよね?

 

 

この前者の結果を得るには、

このブログの真の情報を知る必要があります。

 
 
 

 

では、話していきます。

 

 

まず、グループディスカッションとは、

 

 

3~8人ほどのグループで

決められたお題に対して

制限時間内に答えを導き出すというものです。

 

 

お題によっては色々ありますが、

基本的には、その企業に関係ないお題が出ます。

 

 

例えば

「社会人に必要なスキルとは」

「営業職にとって1番大切なことは」

 

などなどお題は多岐にわたります。

 

 

決められたお題に対して

グループで話し合い、

結論をまとめます。

 

 

ここで面接官が求めているのは

協調性でもリーダーシップでもなく

 

 

「自分の役割を認識し、

その役割を全力で全うする事です。」

 

これは企業側も謳っている事なので

ほぼ全員知っています。

 

 

しかし、ここに大きな落とし穴があります。

 

 

みんなが知っているからこそはまる

最悪な落とし穴です。

 

 

その落とし穴とは・・・?

 

 

「役割分担しましょう。」

「司会やりたい人はいますか?」

「書記とタイムキーパーやる人いますか?」

 

というような流れが

グループディスカッションでは

実に8割近く起こります。

 

 

ちゃんとディスカッションの

目的なんて分かっている。

 

なんてあなたは思いましたよね?

 

 

しかし、これでは内定はもらえません。

 

何故なのか・・・。

 

 

まず面接官は

 

最初に役割を決めず

自然の流れで役割を決めてほしい

と思っています。

 

 

その理由は

 

 

勝手に決めてしまったら

学生本来の姿が見れないからです。

 

「司会をやった方がポイント高そう

やりたくないけど、やろう。」

 

こういう学生は

正直、面接官は見たくないです。

 

 

学生が普段どんな役割で

団体に属しているか見たいのです。

 

 

しかし馬鹿正直にいつも通りの姿を

さらす必要はありません。

 

ただ最初に決めてしまうと

グループでいい結果は出ない傾向にあります。

 

またここでもう一つ

落とし穴があります。

 

 

それは・・・

 

 

書記やタイムキーパーは

必要ないという事です。

 

考えてみてください。

 

 

メモを取りながら話し合うのは

当たり前です。

 

1人に任せる必要はありません。

 

「自分はメモを取りながら

話せない人間です。」

 

と言っているようなものです。

 

 

そしてタイムキーパーなんて

役割もいりません。

 

時間を気にしながら話し合うのは

当たり前。

 

それを1人だけに任せる意味が分かりません。

 

 

時間を気にしながら、

メモを取り話し合いをする。

 

 

こんな社会人として当たり前の能力。

これを役割分担しているようでは、

そのグループは壊滅的にダメグループです。

 

この考え方を知っただけで

あなたの就活が始まり

いきなりディスカッションで

 

圧倒的なまでの差

雲泥の差

天と地の差

 

をつけることが出来ます。

 

 

では就活が始まり

あなたがディスカッションを

有利に進める為に

 

今から3秒で出来るワークをやりましょう。

 

 

「メモを取り、時計を見て、話し合うなんて

誰でも出来る超簡単な事」

 

と3回声に出しましょう。

 

 

知識は知っているだけでは意味がありません。

声に出してアウトプットする事で

 

初めて意味あるものになります。

 

このワークをする事によって

最速で最多の内定を勝ち取れるでしょう。

 

 

 

ここまで読んでくれたあなたは

3秒ワークをやって頂き、有難うございます。

 

 

これで内定まで「確実」

1歩前進しました。

 

 

疑問や不安、感想等あれば

遠慮なくコメントを下さい。

 

 

本日はここまでです。

最後まで読んでいただき、

有難うございます。

 

 

      無料の就活ノウハウレポートの受け取りはコチラから

    ↓          ↓           ↓

      http://ameblo.jp/ryu13670410/entry-12231100928.html