就職活動を始めるまで、バイトや遊ぶことしか考えていなかった私が大学3年生の2月から2ヶ月で希望の会社に内定を得た2ヶ月短期就活法

就活の事を全く考えていなかった私でも内定を勝ち取った驚きの就活テクニックを公開します。 あなたにはこのブログを読んでいただき、大手、ベンチャー関わらず第一志望の企業から内定を勝ち取ってほしいと思っています。

あなたの面接が通らない理由

 

 

f:id:ryu13670410:20170326211741j:plain

無料の就活ノウハウレポートの受け取りはコチラから

     ↓          ↓           ↓

http://ameblo.jp/ryu13670410/entry-12231100928.html

 

んにちは!

 

就活アドバイザー@龍一です!

 

 

今回は、

 

就活生が勘違いしている

面接での雰囲気と合格の

本当の関係を暴露します。

 

 

本当に勘違いしている学生が多く、

それ故に内定が取れずに苦しんでいます。

 

 

あなたもこの記事を読まずに

就活を進めていくと、

 

確実に勘違い情報に踊らされ

なぜ面接に合格しないのか

 

一向に分からないまま

内定が取れず就活が終わってしまうでしょう。

 

つまり、

 

周りが社会人になっていく中で

あなただけが

就職浪人またはニートなのです。

 

逆にこの記事を読み

あらかじめこの勘違い情報を

把握していたら

 

あなたの精神的にも技術的にも

完全に有利な状態になり

 

周りとの差はテント地ほど開くでしょう。

 

 

就活解禁して1ヶ月以内に内定が出る確率

80%といっても過言ではないでしょう。

 

 

ハッキリ言って内定が貰えない人

もらうのが遅い人は、この情報を知りません。

 

 

あなたがどんな人生を歩むかは

これを知るか否かです。

 

 

この記事を読んでくれているあなたには

是非これを知って

楽に就活を終えて欲しいのです。

 

 

では話します。

 

勘違いされている

面接の雰囲気と合否の関係。

 

 

まず

あなたは面接でどういう雰囲気なら

合格すると思いますか?

 

もちろん

しっかりコミュニケーションが取れて

 

面接官とあなたの間に

笑いが生まれるくらいなら合格するだろう。

 

 

そう思いますよね?

私も最初はそう思っていました。

 

 

しかし、

ここに内定への落とし穴があるのです!

 
 
 

 

 

 

面接官に笑いが生まれると落ちる

パターンの方が圧倒的に多いです。

 

 

私も面接官を楽しませようと思い

奮闘していた時期がありましたが

 

その時期は本当にうまくいきませんでした。

しかし真実を知った今は納得です。

 

 

 

 

何故なのか・・・

 

その理由は2つあります。

 

 

~1つ目~

 

「根本的に欲している人材が違う」

 

企業が欲しがる人材とは

社会に出てやっていける人間です。

 

笑いを取るのは

求められている能力ではありません。

 

そして学生的な考えではなく

社会人として考えを

持っていることが必須です。

 

 

「面接官を笑わせて

良い雰囲気を作れば

受かるだろう」

 

この考えが学生的な考えなのです。

企業として欲しい人材ではありません。

 

これが1つ目の理由です。

 

 

 

~2つ目~

「気持ちよく落ちてもらう為」

 

企業に面接に受けに来る学生は

全部合格したら

一緒に働く社員になります。

 

 

じゃあ落ちた学生は何になるか・・・

 

それはお客様です。

 

 

落ちた学生はもはや社員にはなれないので

不合格と判断されたら

 

自社を嫌いになってもらわないよう

お客様に接客するかのごとく

 

あなたを楽しませにきます。

 

 

落ちたとしても

「あの会社良い会社だなあ」

 

と学生に思わせ、今後自社の商品サービスを

買ってもらおうという事です。

 

 

企業は新卒採用の選考ですら

自社をPRする機会と思っています。

 

 

なのでダメだと思われたら

面接が楽しく和やかになることが

多々あります。

 

 

 

これらの2つの落とし穴を知っておけば

 

「あんなに面接は盛り上がったのに

なんで落ちたんだろう。」

 

という疑問を持つことが無くなり

精神的にも技術的にも

 

あなたは他の追随を許されない程の

圧倒的な差を見せつけることが出来ます。

 

 

笑わせる・雰囲気を良くするのが

得策じゃないと分かりましたね?

 

ではどうするか・・・

 

 

簡単です。

 

固い雰囲気に慣れましょう。

 

 

学生は固い雰囲気が

苦手だから笑いに走るのです。

 

そんなことをしても意味がないのに。

 

 

内定が出る人は

固い雰囲気に慣れて

笑いではなく関心させて興味を惹きます。

 

 

ですのでまずは

 

・固い雰囲気

・面接にいる怖い人

・張り詰める空気感

 

 

これらを克服しましょう。

 

 

ではこれらを克服する為に

 

今から出来る3秒ワークを

やっていきましょう。

 

 

今まであった中で
1番怖くていかつい
おじさんを想像し、

その人と面接をしている
妄想をしましょう。

ヤクザみたいなおじさんだと
よりよいでしょう。

ここでそういう極限の妄想を

しておくと

 

実際に面接官が可愛く見えて

固い雰囲気なんて余裕になります。

 

そうしてあなたは

面接の落とし穴にはまることなく

 

面接解禁1ヶ月で

内定が複数飛び込んできて

 

自由な時間を

無制限で満喫し放題です。

 

 

 

このワークは面接を

余裕で通り抜け

あっという間に内定を取り

 

自由を満喫したいあなたの為のワークです。

 

 

ここまで読んでくれた優秀なあなたは

もう3秒ワークを実施してくれましたね。

 

 

ここで内定まで「確実に」1歩前進しました。

 

 

疑問や不安、感想があれば

遠慮なくコメントを下さい。

 

 

本日はここまでです。

最後まで読んでいただき、

有難うございます。

 

 

無料の就活ノウハウレポートの受け取りはコチラから

     ↓          ↓           ↓

http://ameblo.jp/ryu13670410/entry-12231100928.html