就職活動を始めるまで、バイトや遊ぶことしか考えていなかった私が大学3年生の2月から2ヶ月で希望の会社に内定を得た2ヶ月短期就活法

就活の事を全く考えていなかった私でも内定を勝ち取った驚きの就活テクニックを公開します。 あなたにはこのブログを読んでいただき、大手、ベンチャー関わらず第一志望の企業から内定を勝ち取ってほしいと思っています。

企業の欲しがる幻の就活生

f:id:ryu13670410:20170328074021j:plain

無料の就活ノウハウレポートの受け取りはコチラから

     ↓          ↓           ↓

http://ameblo.jp/ryu13670410/entry-12231100928.html

 

 

んにちは!

 

就活アドバイザー@龍一です!

 

 

いつも私のブログを

読んでいただき、有難うございます!

 

 

今回は

就活生が間違って思い込む

 

「企業が欲しがる幻の人物像」

 

についてお話します。

 

 

 

 

この内容を知らないまま

あなたが就職活動を始めたら

 

面接官に

「またこの就活生か・・・」

 

と面接が終わった後に

溜息と愚痴をこぼされる就活生になり、

 

選考を落とされた理由に分からず

むしゃくしゃして他人にまであたる

 

ストレスを抱える毎日を送る就活生になるでしょう。

 

 

 

 

逆にこの内容を

今から知っておけば

 

グループ面接などで

 

「あいつは落ちたな」

「あいつには勝てる」

「まだこんな就活生いたんだ」

 

と完全に面接官視点で見ることができ、

誰が落ちるか一目瞭然で

 

もちろん自分が面接を受かるのは

至極当然の事になります。

 

 

面接をするのが楽しみになり

就活自体が自分の趣味になります。

 

 

 

 

私もこれを知ってからは

 

自分が落ちる面接と受かる面接は

だいたい分かるようになり、

 

自分で面接の流れを

支配できる感覚になり、

 

グループ面接後には

他の就活生に賞賛され羨望の眼差しを

向けられました。

 

 

非常に気分が良くなり

ストレスとは無縁の就活になり

 

就活が終わった後も

「楽しかったなぁ」と思うほどでした。

 

 

こうなると内定までは本当に一瞬です。

瞬く間に取れます。あっという間です。

 

 

 

 

私はこれに気づくのに多少時間が掛かってしまいましたが、

あなたは今の時点でこれを知ることが出来ます。

 

ラッキーなんてレベルではありません。

 

これはチャンスです。

 

 

このチャンスを無駄にしないでください。

 

 

 

 

 

では、説明していきます。

 

 

まず、企業がHPや説明会等で掲げる

「企業が求める人物像」について

 

就活を進めるにあたって絶対に気づきますが

これは、どの企業もほとんど同じことを言います。

 

本当に同じことです。

 

 

これだけ数ある企業の求める人物像が

全部同じなのか?と思うほどに

殆どの企業も似たり寄ったりの事しか言いません。

 

 

基本的には・・・

 

・コミュニケーション能力がある人

・リーダーシップが取れる人

・主体的に動き、行動がとれる人

・責任感が人一倍強い人

・日々挑戦し続ける人

・成長意欲がある人

 

大半の企業はこの中の

3つくらいを求める人物像として

掲げています。

 

しかし、どの企業も同じ人材を求めている

というのが流石にあり得ないのは

あなたにも分かりますよね?

 

 

 

 

では、なぜ

企業はこのような

ありふれた人物像が欲しいと語るのか・・・

 

 

それは

 

 

まず普通の学生に来てほしいからです。

 

 

企業は個性のある人を求めていると

思われがちですが、

 

強すぎる個性は

会社を悪い方向にもっていくリスクがあるので、

 

個性よりは、当たり前の人間かを見ています。

 

 

そして当たり前が出来る学生の中で

優秀な学生を厳選するのが

リスクの低い確実な採用に繋がるわけです。

 

 

 

これが分かれば

面接合格1歩手前まできました。

 

学生は他人との差別化をしたがり

奇をてらった事を言いたがります。

 

それが社会人に響くレベルの

面白い発想や理論に基づいた発想なら

もちろん問題ありません。

 

しかし、そんな難しい事をしなくても

良いのです。

 

 

まずは・・・

 

 

①当たり前の事を当たり前に出来ている

 

②差別化はアウトプットの仕方でつける

 

③過去の経験より、未来の可能性を期待させる

 

④いかにその会社の理念の中で自分のがお金を

 生み出せる人間かを語る

 

⑤採用担当官からすごいやつと思わせる

 

 

だいたいこれが全部できれば

 

 

内定はいくらでも貰えます。

 

 

 

しかし、いきなりこれを全部やれと言われても

無理ですよね?

 

という事で今から出来ることを

少しずつやりましょう。

 

色々話しましたが、

 

今回伝えたいことは

①の当たり前の事を当たり前に出来ている

 

だけです。

たった一つです。

 

 

では、

どうやって当たり前を当たり前に出来るように話せるか

 

 

まず、

 

 

・コミュニケーション能力がある人

・リーダーシップが取れる人

・主体的に動き行動できる人

・責任感が人一倍強い人

・日々挑戦し続ける人

・成長意欲がある人

 

これを自己PRにしない事です。

 

 

 

 

当たり前に出来る人は

当たり前と思っているから

こんな簡単な事はアピールしません。

 

まずはこれだけ知っていれば、

 

毎回私の記事を読んでくれている

優秀なあなたなら

 

早々に内定を獲得し、

残りの学生生活を

思う存分エンジョイする事が出来るでしょう。

 
 

 

今回覚えることは分かりましたか?

 

 

インプットはインプットのままでは

意味がありません。

 

いかにアウトプットを

するかが重要なのです。

 

これは就活では絶対に必須の重要能力です。

 

 

今回の大事な事を覚えると同時に

この能力も身に付けましょう。

 

 

不安や疑問、感想等ありましたら

遠慮なくコメントしてください。

 

 

では、また次の記事でお会いしましょう。

 

 

無料の就活ノウハウレポートの受け取りはコチラから

     ↓          ↓           ↓

http://ameblo.jp/ryu13670410/entry-12231100928.html