たった43日で何も知らない状態から第一志望の内定を得る短期就活塾

就活の事を全く考えていなかった私でも内定を勝ち取った驚きの就活テクニックを公開します。 あなたにはこのブログを読んでいただき、大手、ベンチャー関わらず第一志望の企業から内定を勝ち取ってほしいと思っています。

あなたは成功も失敗も自由に出来ます。あなたの行動次第で全ての未来が決まります。

f:id:ryu13670410:20170624102846j:plain

 

全ては自由で失敗も成功も実はあなたが選んでいます。

 

どうもRYUです!

 

最近、就活が嫌だとか

仕事が嫌だとかの愚痴を聞いてて

 

思った事が一つあります。

 

「全て自由!」という事です。

 

f:id:ryu13670410:20170624102959j:plain

 

 

私がビジネスをするのも

あなたが今、私のブログを観ているのも

若くして成功するのも

 

全て自由です。

 

私はいつもこう考えています。

 

何か本気で変えたいなら

それに相応しい何かを捨てなければならないと。

 

f:id:ryu13670410:20170624103238p:plain

 

 

実は私はかなりの数の相談やコンサルをしていて

共通点を発見しました。

 

その発見が出来たこと自体

ここ最近の大きな収穫でした。

 

一体これを収穫するまで

どれだけの人と話をしたのか分かりません。

 

金額にしたら数十万くらいでしょうか。

 

成功するも失敗するも

全ては自由で

 

自らがの望めば必ず

叶います。

 

 

f:id:ryu13670410:20170624103438p:plain

 

ここであなたは一つ

疑問に思うかもしれません。

 

そんな事は無い。

世の中、成功出来ない人もいる。

 

自由なんかじゃない。

自由だったら今頃・・・

 

しかし、自由なんです!!

 

f:id:ryu13670410:20170624103527j:plain

 

では何故、成功する人と失敗する人

 

自由なのに何で失敗する人が多いのか。

 

 

自由だったらもっと成功者が現れても

生きている人はみんな成功したいはずなのに

 

成功する人が少ないのか。

 

答えは・・・

 

 

本気で変えたい事と

 

成功する為に何かを捨てなければならないのに

捨てる何かを間違えている事。

 

または捨てられていないからなんです。

 

f:id:ryu13670410:20170624103659j:plain

 

大多数の人は諦め。

 

意識高く頑張っているけど

上手くいかない人は

捨てる何かを勘違いしてしまっているんです。

 

もっと分かりやすく言うと

ボタンを掛け間違えているだけです。

 

そのボタンは一つ一つ掛け合わせる作業さえ

出来れば成功の一歩に繋がります。

 

f:id:ryu13670410:20170624103806p:plain

 

想像しながら

次の話を読んでください。

 

私の尊敬する

ある一人の男のエピソードです。

 

 

彼は物心ついた頃に

いじめにあっていました。

 

f:id:ryu13670410:20170624103900j:plain

 

それは小・中・高

 

場所が変わっていても

時が変わっていても

人が変わっていても

 

何も変わらなかったんです。

 

無視されたり

蹴られたり

 

教科書を破られたり

喋っても空気扱いされ

 

彼は対人恐怖症になり、

 

どんどん学校にも行かなくなり

友人は愚か、

 

親とすら会話をしなくなり

自分の世界の殻にこもりました。

 

f:id:ryu13670410:20170624104007j:plain

 

そんな彼にも受験がきました。

 

そう、大学受験です。

 

もう一度チャンスが来た!

 

 

今までひどい目に合ってきたけど

 

これで変われる!!

 

友人も彼女も作って

キャンパスをみんなと歩いて

 

最高のキャンパスライフを送るんだ!!

 

f:id:ryu13670410:20170624104049j:plain

 

彼は勉強し都内でも有名な

大学に進みました。

 

そして春が来て

学園生活が始まりました。

 

ただ彼には一つ

それまでに越えなくてはならない壁がありました。

 

それこそ生涯掛けて越えなくてはならない程

彼には大きな壁でした。

 

それはコミュニケーションでした。

 

f:id:ryu13670410:20170624104202j:plain

 

そう彼は長年いじめに遭い、

誰かに話しかける事が出来なくなっていました。

 

彼は数ヶ月して

どんどんキャンパスに足を運ばなくなりました。

 

自分の描いたキャンパスライフとは

かけ離れた現実。

 

皆がワイワイしてるキャンパスで

自分一人だけ寂しそうにぽつりと歩く。

 

どんどん自信もなくなり、

気付けばただただパソコンとにらめっこ。

 

f:id:ryu13670410:20170624104256j:plain

 

そんな毎日になりました。

 

彼は悔しいと毎日泣きました。

俺の人生こんなで終わりにしたくない。

 

イベサーとかで

チャラチャラしているやつらとか

遊んでばっかの大学生に馬鹿にされたままは嫌だ。

 

 

彼は変わりたいと決意しました。

 

f:id:ryu13670410:20170624104348j:plain

 

 

そしてある日の出来事が彼を突き動かしました。

 

たまたま数少ない友人に飲み会に誘われて

中々話せない中、周りは楽しそうにしています。

 

会話が弾み、彼の隣の女の子がこう言いました。

 

「お金持ちと付き合いたい!!」

 

全く声を発しなかった彼が思わず、

「やっぱりお金持ちが良いの?」

 

と聞くと、周りの女の子全員が口を揃えて

 

「当たり前じゃん!!」

といいました。

 

そして彼は決断しました。

 

お金持ちになると。

 

f:id:ryu13670410:20170624104433j:plain

 

 

そしてネットビジネスの世界を知りました。

あるネット起業家のとても有名な方のページを見て

 

その華やかな世界に憧れ

俺もあんな風になりたいと

 

そして彼は勇気を振り絞ってビジネスを始めました。

 

・何十万もするコンサル

・何万もする情報

・何万もするDVD

 

何回も購入して

何度真面目にやっても成功出来ない。

 

f:id:ryu13670410:20170624104526j:plain

 

そんな中とある少年と出会い、

その少年の師匠と呼ばれる先生と

ビジネスをしました。

 

そして初めて収益が出ました。

 

30万円の収益です。

 

 

彼は少年と本来、半分ずつの取り分でしたが

それを持ち逃げしてしまったのです。

本来、少年と師匠と喜び合うはずの30万円を。

 

完全にダメ人間となっていました。

 

f:id:ryu13670410:20170624104708j:plain

 

その後、彼は変なビジネス塾に入り

ビジネスをするも上手くいかず

 

酷く落ちぶれていました。

 

少しは人と話せるようになったし

ほんの少し夢も見えてきた。

 

しかし、気づけば借金150万円を超えるが

日々結果も出ず、

 

どんどん自分に失望していきます。

 

f:id:ryu13670410:20170624104805j:plain

 

そんな彼をSNSで見ていた少年が

彼にメッセージを送るんです。

 

「大丈夫?」と。

 

彼はビックリしました。

裏切ったはずの少年から心配されたと

 

そして少年に合おうと言われ

彼と出会い、ちゃんとした師匠のもとで

ビジネスを教わり、

 

今では月に70万円から100万円を安定的に稼いでいて

私の尊敬する一人になりました。

 

f:id:ryu13670410:20170624104900j:plain

 

 

彼の人生は今となっては過去からは想像もつかないくらい

変貌を遂げました。

 

彼はこういつも言います。

 

「誰だって成功は出来る。

ただ少しボタンを掛け間違える。

小さな子供のように。

 

だからこそその掛け違えたボタンを直してあげたい。」

 

私はこれにいつも胸を打たれます。

 

そしてそのたびに私もそう思います。と

心の内で返事をします。

 

彼がどう何を掛け間違えたかまでは

話してくれません。

 

しかし、私も知るその人から始まる数々の人に

彼は沢山の事を教わり変われたんだと思います。

 

f:id:ryu13670410:20170624104956j:plain

 

 

誰だって成功も出来ます。

その分、失敗も出来ます。

 

それは実に自由な事です。

 

ただそれを選ぶのはあなた次第です。

もし本気で成功したいのなら

 

その掛け違えたボタンから直してください。

 

もしそれが分からない時は私に連絡を下さい。

 

私は喜んで直します。

 

彼のように人生を変えて笑顔になる人を

より多く生み出すために。

 

 

本日はここまでです。

最後まで読んでいただき、有難うございます。