たった43日で何も知らない状態から第一志望の内定を得る短期就活塾

就活の事を全く考えていなかった私でも内定を勝ち取った驚きの就活テクニックを公開します。 あなたにはこのブログを読んでいただき、大手、ベンチャー関わらず第一志望の企業から内定を勝ち取ってほしいと思っています。

17歳の車椅子の少年が1億円を稼げた理由

f:id:ryu13670410:20170701025837j:plain

んにちは!

 

RYUです!

 

今回はある少年のお話をしたいと思います。

 

話の中心に出てくる少年なのですが、

彼は、12歳の海水浴中にテトラッポッドに激突し

首から下の運動機能を全て失い、

 

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者となる。

 

 

しかし、彼は

17歳でパソコン1つで起業をし、

口に咥えた割りばし1本で年商1億円を達成した

 

日本インターネットビジネスの業界では

数少ない本物のマーケッター系起業家である

 

 

一億円の始まりは「ヤフオク」で

ゲームのセーブデータを売ることから始めた。

 

 

ゲームというのも、

エンディングを見るのに相当の時間が掛かる。

 

攻略しなければならない。

 

そこで、レベルMAX、アイテムを全て持っている

お金を沢山持っている状態のセーブデータを

メモリーカードにコピーし、

 

「〇〇の最強データ入りメモリーカード

として販売していたようだ。

 

原価は1700円。

当時ヤフオクでは平均2,500円前後で落札していたようで、

1個あたりの利益は800円になる。

 

これを繰り返し、月20万円程の売上を生み出すようになった。

 

 

まだまだ1億円には程遠いが、

これが1億円を生み出す彼の始めの一歩だった。

 

 

しかし、

「セーブデータ入りメモリーカードビジネス販売ビジネス」には

3つの問題があった。

 

1.セーブデータを作る為の手間

2・売り上げが安定しない

3.法律的にはグレーの可能性

 

の3つである。

 

この時期は友人をバイトに雇ったりして作業をしているぐらい

売上があったが、これらの問題に直面した彼は

このビジネスから撤退する事を決める。

 

この決断が彼を17歳で1億円へさらに近づける事になる。

 

 

「セーブデータ入りメモリーカード販売ビジネス」から

アフィリエイトビジネスに移行した彼は

 

試行錯誤を繰り返しアフィリエイトで月50万円を稼ぎ出す。

 

メモリーカードビジネスは

せいぜい月売上20万円だったから

売上は2倍以上に成長したことになる。

 

月50万円でも年商600万円ほど。

まだまだ1億円には程遠い。

そして彼は次の手を打つ。

 

 

普通の働き方はできなかったから、若いうちに起業の本質に気づいた。

 

半身不随になり重度障害者となってしまった人間は、

店舗での肉体労働や、毎日オフィスに通う

サラリーマンのような仕事では稼ぐことはできない

 

昨今、サラリーマンを辞め独立したい、

起業したいという人は数多くいるが、

それらの多くは彼ほどの障害を持っていない健常者である。

 

健常者はビジネスで失敗しても、起業で失敗しても、

またサラリーマンとして雇ってもらったりする

仕事を得るための手段が存在する。

 

しかし、第1級の重度障害者である彼には

そういうものが一切ない。

 

一級障害者として国から一定の保障を受けられるとはいえ、

人間は金だけあれば生きていける存在ではない。

 

国とはいえいつまでも保障を受けられるかはわからない。

経済的な自由を得るためには

「人に雇われず、自分で稼ぎだす」しか道がないのだ。

 

学生ならいざ知らず、社会に出て数年もすれば、

今の日本社会がどういう仕組みになっているか、

誰しも気づいているはずだが、

表立って語られることはあまりない

 

なぜなら、そこには真実があり、

真実を伝えれば必ず逆風もまた巻き起こすからだ。

 

逆風を巻き起こせば、社会システムが不安定になる。

それは経済にも及ぶ。

 

 

大衆サラリーマン化によって

失われた自分で報酬を得る力

 

誰にとっても

人に価値を与え、自分の力で報酬を得るというのは、

充実した人生を生きるうえで欠かすことができない。

 

単にカネが手に入ればいいのではなく、

自分が何かを与えることで

結果としてお金が手に入るプロセス

こそが重要なのだ。

 

 

こういうある種の逆境に置かれた人間というのは、

本当に強い。

 

何が何でもやらなければいけない。

そこで行動せざるを得なくなる。

知恵を働かさなければならなくなる。

 

人間は、ある環境に置かれなければ

気づけないことがたくさんあるものだ。

 

その結果、彼は1億円規模の

新規事業の立ち上げを成功させた。

 

彼が置かれた環境によって得られた

インターネットでの新規事業成功の

法則は、これから起業をしたい、

 

ビジネスをやりたいと思っている

人間にとって限りない価値があるものだ。

 

なぜなら、

「彼のような経験を一切することなく、

彼の成功の本質を得ることができる」

 

 

この知識得ても、

行動に移さなければ意味がありません。

 

行動をするかしないかあなた次第です。

 

本日はここまでです。

最後まで読んでいただき、有難うございます。