何から始めれば良いか何も分からなかった私がたった3ヶ月で  会社に頼らずに生きていくスキルを身に付ける事が出来る    ネットビジネス成功法

ビジネスについて何も知らなかった私ですが、就活、バイトをする事なく3ヶ月で独立可能。大学在学中にネットからお金を生み出し、 会社に頼ることなく、個人で生きていく「独立力」を手に入れるオンラインビジネス法をあなただけに公開します。

資産形成とは??

f:id:ryu13670410:20170706003227j:plain

 

んにちは!

 

RYUです!

 

 

皆さんは「資産形成」という言葉を知っていますか?

日常ではなかなか使う機会は少ないと思います。

 

資産形成をするにあたって資産とは一体何だろう?

という事について考えていきたいと思います。

 

 

「資産」と聞くとどういうものを思い浮かべますか?

 

一般的に資産とは土地・家屋・証券などの

経済的価値のあるものを総称して呼ばれることが多いです。

 

f:id:ryu13670410:20170706003341j:plain

 

「資産家」と聞くと不動産や株などを

たくさん持っている人のイメージがありますよね。

 

つまり資産形成とは

「経済的価値のあるものを形成していくこと」

を意味しています。

 

またこれの対義語として「負債」という言葉があります。

 

一般的に負債とは借金など他人から金銭や物資を借りる事。

あるいは借りたもののことを言います。

 

これはあくまでも一般的な物資の考え方ですが

私は少し違った考え方を持っています。

 

f:id:ryu13670410:20170705223540j:plain

 

 

2000年頃世界的ベストセラーになった

「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者である

ロバート・キヨサキはこんな風に言っています。

 

「資産とは、毎月あなたのポッケにお金を入れてくれるもの」

 

一方で、

 

「負債とは、毎月あなたのポッケからお金を奪っていくもの」

 

 

これだけ聞くと疑問が多いと思います。

 

少し解説すると

「資産とは持っているだけで何かしら収入を生み出してくれるもの」

「負債とは持っているだけで何かしらの支出を生み出すもの」

 

という事になります。

 

f:id:ryu13670410:20170706003936j:plain

 

資産形成をするにあたって、

この考え方が非常にシンプルで大好きです。

 

例えば、皆さん携帯電話は持っていると思いますが、

携帯電話は資産でしょうか?負債でしょうか?

 

上記のロバート・キヨサキの定義に当てはめると

携帯電話は「負債」です。

 

なぜなら持っているだけで毎月基本使用料が取られていくからです。

 

 

では、「家」は資産でしょうか?負債でしょうか?

 

これは、ロバート・キヨサキの定義だと

「家は資産にもなるし、負債にもなる」

 

というのが答えです。

 

「???」

 

こうなるでしょうから解説します。

 

 

家をローンで購入し、「自分が住んだ場合」

毎月ローン費用を支払う必要がある為負債という考え方が出来ます。

 

一方で、ローンで家を購入し「他人に貸した場合」

毎月家賃としてお金が入ってくるため資産という考え方が出来ます。

 

f:id:ryu13670410:20170705224208j:plain

 

 

このように同じ家でも、自分が住むか、他人に貸すか

言い換えると、支出を生むか、収入を生むか

これによって「資産」なのか「負債」なのかが変わってきます。

 

一度理解してしまえばとてもシンプルな考え方ですよね。

 

 

つまり私が考える資産形成とは、

 

「お金を生み出すものを形成していくこと」

 

さらに私の独自の考え方ですが、

 

「資産形成とは資産を作る為に行動する事!」

 

 

だと考えています。

 

f:id:ryu13670410:20170706004248j:plain

 

 

資産形成を始める前に資産についての考え方を書かせて頂きました。

 

ファイナンシャルリテラシー(お金の教養)を学ぶことで、

より多くの資産を持てる人たちが増える事を願っています。

 

 

本日はここまでです。

最後まで読んでいただき、有難うございます。