何から始めれば良いか何も分からなかった私がたった3ヶ月で  会社に頼らずに生きていくスキルを身に付ける事が出来る    ネットビジネス成功法

ビジネスについて何も知らなかった私ですが、就活、バイトをする事なく3ヶ月で独立可能。大学在学中にネットからお金を生み出し、 会社に頼ることなく、個人で生きていく「独立力」を手に入れるオンラインビジネス法をあなただけに公開します。

仕事の出来る人=楽観的

f:id:ryu13670410:20170718130727j:plain

 

受け取りはコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ryu13670410.hatenablog.com

 

んにちは!

 

RYUです!

 

 

仕事の出来る人は楽観的な人が多いですよね。

有名な経営者も楽観的な方が多いのは確かです。

 

今回はなぜ仕事に対して楽観的になれるのか、

理由について追求していきたいと思います。

 

f:id:ryu13670410:20170718131007j:plain

 

 

最後までやり抜くこと、努力を怠らないことは大切です。

同時に、物事を申告に考えすぎない楽観性も重要です。

 

単に能天気ということではなく、

あらゆる困難に前向きに立ち向かうというスタンスです。

 

 

ただし、どうしても実際は悲観的な考え方やスタンスに陥ってしまうこともあります。

どうすれば、常に楽観的に困難に立ち向かえるでしょうか。

 

f:id:ryu13670410:20170718131102j:plain

 

 

私の見たところ、楽観的な人は「目の前で起こっている現実のへの対応」と、

「未来に向かって行動する『目的思考』に根ざした対応」とが、

しっかりワンセットになっています。

 

そして自分が望む未来の状況を想定して、現在の自分の行動を

セルフコントロールすることで、

思い描いたとおりの未来になるはずだという自身を持っているのではないでしょうか。

 

事前準備を周到に行うことによって、難しい局面に急に直面しても

きっと乗り越えることができるという自信に繋がっているように思えます。

 

f:id:ryu13670410:20170718131222j:plain

 

 

つまり、楽観主義者には、「未来の目的や目標」があって、「今行うべき手段や過程」があります。

ですから、「いま」行っている行動について、なぜそのような事を行っているのかについて、はっきり説明することが出来ます。

 

逆に悲観的な人は「未来」と「過去」があって、「いま」がない場合が多いようです。

悲観的な人にとって、本来ならば未来に向かって行動しているはずの

「いま」という貴重な時間を「でも、しかし、だって、もし・・・」と

悶々するばかりで、

 

「いま」の自分と対峙しないまま、何もせずに過ごしてしまうのです。

 

 

そして楽観主義者の特徴は、周りを信頼して、

上司でも部下でも周囲の人々と常に台頭で良好な関係を築こうという意識が強いです。

 

なぜ楽観主義の人が周りとの関係に対等な意識を持てるのかいえば、

成功するか、しないかは、優秀だとか特別な才能のおかげではなく、

 

必要な準備を具体的にしたからだと思います。

 

f:id:ryu13670410:20170718131319j:plain

 

 

このような経験を通じて、皆で協力し、成功体験や達成感を味わおうという、

共同体的な一体感である、いわゆる「絆」を醸成することを経験しており、

それを「肌感覚」で身につけ、楽しむことが出来るのでしょう。

 

 

そうした人材に成長するためには、次の5つが大切だと考えています。

 

1.相手が心を開いて話せるような「傾聴力」

2.成功を準備するに足るだけの「ロジカルシンキング力」

3.相手の立場を尊重しつつ、相手を説得出来る「対話力」

4.相手に響く、言いたいことが正しく伝わる「文章力」

5.週単位で優先順位を見極めた計画立案と実行が出来る「タイムマネジメント力」

 

 

本日はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

受け取りはコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ryu13670410.hatenablog.com