たった43日で何も知らない状態から第一志望の内定を得る短期就活塾

就活の事を全く考えていなかった私でも内定を勝ち取った驚きの就活テクニックを公開します。 あなたにはこのブログを読んでいただき、大手、ベンチャー関わらず第一志望の企業から内定を勝ち取ってほしいと思っています。

7人に1人が就活うつ!?就活うつになる人の特徴と対策を公開します!

んにちは!

 

りゅういちです!

 

 

就活をしていても、

なかなか内定がもらえず、

 

不安や劣等感を抱えた続けた結果

うつ病になってしまう学生が増えています。

 

このうつ病になった場合、どのような症状が出るのか、

また、どういった対策をすれば就活うつにならないのかを

見ていきたいと思います。

 

 

7人に1人が就活うつ

実は就活生の7人に1人の学生が

就活うつの状態になっているという結果が出ています。

 

特に日本では20年以上不況が続いている為、

現代では何十社を受けても一つも内定をもらえない学生が溢れてきており、

 

また、リーマンショック以降、採用人数自体が急速に減少したことで、

より学生間の競争が激化し今後更に割合は増えてくると思います。

 

 

では、就活うつになるとどのような症状が出てくるのか

チェックしていきましょう。

 

 

就活うつの症状

 
・常に焦燥感がある
・寝付きが悪くなる
・朝に起きたくなる
・食欲が落ちる
・やる気が出ない
・身体が一日中だるい
・思考がぐるぐるめぐり混乱する
・頭痛や腹痛
 
こういった症状が出てきていたら、就活うつを疑いましょう。
 
また、就活うつになる人はこんな特徴があります。
 
 
就活うつになりやすい人の特徴
 

・真面目な性格

・几帳面で細部にこだわる

・完璧主義で失敗を恐れる

・人に頼むのが不安で自分でやりきる

・周囲の評価に敏感

・自虐的・自己否定的

・物事に優先順位を付けるのが下手

・プライドが高い

・感情表現が苦手

・思ったことを我慢して飲み込む

 

基本的に、物事に対して真面目な人ほど

就活うつになりやすい傾向が強いようです。

 

特に日本人はこういった性格の人が多い傾向があるので、

就活うつになる可能性が高いと言われています。

 

 

 

では、就活うつにならないようにするには、

どんな対策をしたら良いでしょうか。

 

 

就活うつにならない為の対策

就活うつにならないようにするためには、

次の2つの方向性の対策が考えられます。

 

1.就活を成功させる対策

2.自分の中での就活の位置づけを軽減させる対策

 

1.就活を成功させる対策

当然のことですが、希望通りの内定がもらえ、
就活が成功してしまえば、就活うつに陥る可能性は少ないです。
 
この当然とも言える考えですが、
就活が上手くいかないと、気持ちだけが焦ってしまい、
冷静な対策を行う事をしなくなり、結果、落ち続けて、
さらに焦るという負のスパイラルに陥ってしまいます。
 
そして就活生は
「幾つもの内定を貰える一部の就活生」と、
「内定を全くもらえない多くの就活生」に二極化します。
 
そして実は、内定を貰える人には
共通している事が一つあります。
 
それは、
「内定をもらうためのコツを知っている。」ということです。
 
内定をいくつかもらう就活生は、共通して
受かるテンプレートを持っています。
 
面接は様々な事を聞かれるため、
その場で考えて受け答えをするものだというのが多くの人との認識ですが、
内定をいくつももらう学生は、聞かれている質問の本質は
変わっていないことに気づいており、
 
予め回答と流れを準備しています。
 
受からない人は根本的いに見直さない限り、
同じように落ち続けてしまうわけです。
 
 
 
 
この数十分の面接を何度か繰り返すだけで内定を決める事が
今の日本の採用で学生の内定に大きな偏りが出てしまう原因でもあります。
 
 
面接が上手く行かない人は、
一時の恥を忍んでもでも、内定をいくつも貰える人に
そのコツと面接で話している内容とその内容と流れを聞くのが
一番いい対策でしょう。
 
 

2.自分の中での就活の位置づけを軽減させる対策

もう一つの方向性の対策としては、
自分の中での就活の位置づけを軽減させる事です。
 
就活うつになってしまう人は真面目な人が多いというのは、
結局、就活が自分の人生の中で大きなモノだと思ってしまうからです。
 
「就活に失敗したらどうしよう・・・」
「努力してきたのに自分の人生はここで終了してしまう・・・」
 
これは大学受験での高校生と同じですね。
 
「○○大学に落ちたらどうしよう・・・」
「いい大学に入れなかったら、人生終わり・・・」
 
当事者になると、周りが見えなくなってしまいますが、
実際に受験を終えて、数ヶ月も経ってしまえば、意外と忘れます。
 
なので、就活うつになるくらい思いつめるのなら、
「どんな結果でも、どうせ半年後には忘れている」くらいの気持ちを持つと
余裕が出てきて、より良い結果が望めることでしょう。
 
また、もう一つ就活うつの対策になるのが
会社への就職以外にも選択肢も持つという事です。
 
 
 
 
特に日本の場合、私達は教育課程の中で、
会社にサラリーマンとして就職する選択肢しか持てないように
小さい頃から刷り込み教育をされています。
 
もし、小さい頃から会社員になる以外にも
生活費を稼げるようなスキルを身につけていたのであれば、
そういった選択肢を選ぶ余裕が出るので、
就活を失敗するのに不安がないはずです。
 
 
本日はここまでです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 

=================

①志望動機、自己PRに悩んでいる
②企業が唸るエントリーシートを書きたい
③面接でスラスラ話せるようになりたい

 

そんなあなたはコチラ

 

 

LINE@でも質問を受付けています。

 

友達追加はこちらからどうぞ。
下記のIDを検索して下さい。
@vnk5726n(@をつけてください)

=================