たった43日で何も知らない状態から第一志望の内定を得る短期就活塾

就活の事を全く考えていなかった私でも内定を勝ち取った驚きの就活テクニックを公開します。 あなたにはこのブログを読んでいただき、大手、ベンチャー関わらず第一志望の企業から内定を勝ち取ってほしいと思っています。

内定を辞退するための○○な方法

んにちは!

 

りゅういちです!

 

 

前回に引き続き、今回も内定辞退について書きたいと思います。

 

前回は、内定を辞退する為に選ぶ基準を

お教えしましたが、

今回は、内定を辞退する方法について書きたいと思います。

 

この時期になると内定をもらう人も多くなってくると思いますが、

 

 

以前、こんな質問を頂きました。

 

「内定ってどうやって辞退すれば良いのでしょうか?」

 

という質問です。

 

 

これの回答ですが、

電話で普通に断ればいいです。

 

 

 

就活では内定辞退に関して色々な噂が飛び交う事があります。

 

例えば、某証券会社では内定を辞退しに言ったら

「ラーメンと牛丼どっちが良い?」と聞かれラーメンと答えたら

ラーメンを頭からかけられたらしいです。

 

内定辞退すると大学の後輩に響くとか言われていますが、

内定を辞退すること自体ものすごく大変な決断のように聞こえます。

 

 

 

ただ、僕も就活中に幾つもの企業の内定を断ってきたわけですが、

ほとんどの企業は驚くほどあっけなく内定辞退出来ました。

 

電話をかけて、内定辞退する事を伝えて、終了です。

 

辞退理由とかは聞かれるかもしれませんが、そのくらいです。

 

 

電話で内定辞退しないように説得する人事もいますが、

内定辞退の意志が強い事を見せれば大丈夫です。

 

会ってもう一度話そうという人事もいますが、

その場合は会いたくないといえばそれまでですし、

普通に会って丁寧に断れば大丈夫です。

 

 

 

大手企業の内定者なんて五万といます。

内定辞退は折々済なので、「分かりました」とかなりサラッとしています。

 

 

ただ内定を出すのが極端に少ない企業については、

内定辞退は企業にとってかなり痛手です。

 

その場合、かなりしつこく説得される可能性があります。

 

内定の少ない企業派入社するつもりがないのなら、

内定を取る前に辞退する方が良いと思います。

 

 

就活で内定をどうやって辞退したら良いか分からない

という質問は昨年もかなり頂きました。

 

「誓約書のようなものを書かされたのですが、

もう内定辞退は出来ないのでしょうか?」

 

など。

 

 

 

基本的には、今の時期ならどのような状態でも

内定辞退出来るはずかと思いますが、状況によっては辞退しづらい状況もあるかもしれません。

 

 

そのような場合派、メール頂ければアドバイス等しますので、

気軽にご連絡頂ければと思います。

 

 

本日は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

=================

①志望動機、自己PRに悩んでいる
②企業が唸るエントリーシートを書きたい
③面接でスラスラ話せるようになりたい

 

そんなあなたはコチラ

 

 

LINE@でも質問を受付けています。

 

友達追加はこちらからどうぞ。
下記のIDを検索して下さい。
@vnk5726n(@をつけてください)

=================