たった43日で何も知らない状態から第一志望の内定を得る短期就活塾

就活の事を全く考えていなかった私でも内定を勝ち取った驚きの就活テクニックを公開します。 あなたにはこのブログを読んでいただき、大手、ベンチャー関わらず第一志望の企業から内定を勝ち取ってほしいと思っています。

人事の時間を思うがままに操る2つの時間術

 

んにちは!

 

りゅういちです!

 

 

就職活動を続けられている方や

もう終わっている方、これからの方もいると思いますが、

 

今回は就職活動の予定の入れ方と

企業との調整について考えてみましょう。

 

 

 

 

■「優先順位」と「調整する余地のあり・なし」

 

基本は、優先順位の確認です。

優先順位を決める際に必要なポイントは2つあります。

 

・自分にとって、より重要なもの

・自分にとって、緊急なもの

 

そのほか、就職活動の場合は、他の選択肢(別日程)での

参加が可能化どうかも関係してきますね。

 

 

電話やメールで、日程を打診された時にも

すでに予定が入っていて訪問出来ない場合は丁寧に確認しましょう。

 

 

------------------------------------------

例)

申し訳ありません。

あいにく予定が入っておりまして、

お伺いすることが出来かねます。

 

直近ですと、○日の○時以降、もしくは○日は終日お伺いできます。

来週以降はご指定のお時間にお伺い出来ますが、

ご調整いただく事は可能でしょうか?

------------------------------------------

 

 

 

■すでに決まっていた日程で変更をお願いするとき

 

日程の再調整のお願いは、Web上で変更などが出来ない場合、

わかった段階で速やかに電話で相談しましょう。

 

 

 

日程が近くなればなるほど、予定の変更は企業にも迷惑が掛かり、

お願いしにくくなります。

 

もちろん、無断キャンセルはマナー違反です。

 

 

------------------------------------------

例)

 

○月○日○時から面接のお時間を頂いております。

○○大学の○○○○と申します。

 

大変申し訳ありませんが、当日に学内行事の都合で

お伺いすることが難しくなってしまいました。

 

勝手なお願いで真に恐れ入りますが、もし可能でしたら、

面接日程を再調整させていただけないでしょうか。

-------------------------------------------

 

再調整はお願いするとしても1度までにしましょうね。

時間管理と調整力は社会人になっても必要になります。

 

学生時代に、ここまで忙しいことはなかった方も

キャパシティを広げるチャンスです。

 

 

 

あいてに不快感や迷惑を掛けずに、

自分のスケジュールを上手くコントロール出来るように

なっていきましょう。

 

 

本日は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

=================

①志望動機、自己PRに悩んでいる
②企業が唸るエントリーシートを書きたい
③面接でスラスラ話せるようになりたい

 

そんなあなたはコチラ

 

 

LINE@でも質問を受付けています。

 

友達追加はこちらからどうぞ。
下記のIDを検索して下さい。
@vnk5726n(@をつけてください)

=================